回路デザイン研究室 >> event >> 2013/12/11-12 FORCE2013



ソフトウェア信頼性研究会第9回ワークショップ
(FORCE2013)

主催
ソフトウェア信頼性研究会
ソフトウェア技術者協会 (SEA)

協賛
プロジェクトマネジメント学会関西支部



概要

日時:平成25年12月11日(水)〜12日(木)
場所:愛媛大学 校友会館


プログラム

12月11日(水)

13:30 - 13:35 オープニング
13:35 - 14:30 基調講演
  • エンピリカル・ソフトウェア・エンジニアリングにおける再現性の問題
     伊藤昌夫(ニルソフトウェア)
14:40 - 15:20 初参加者セッション
  1. 市田多加雄(株式会社NTTデータ関西)
  2. 佐藤雄介(株式会社SRA)
15:30 - 16:45 学生セッション
  1. 精度向上および高速化を目的としたギャップを含むコードクローン検出手法の提案
     村上寛明,堀田圭佑,肥後芳樹.井垣宏,楠本真二(阪大)
  2. パラメータ値上の制約存在下におけるランダムテスト手法の提案
     重岡大樹,小島英春,土屋達弘(阪大)
  3. コードの不吉な匂いとコメント文の関連性について
     藤井里沙,天嵜聡介(岡山県立大),阿萬裕久(愛媛大)
17:00 - 18:15 一般セッション
  1. 生産性に着目した類推法による工数見積りについて
     天嵜聡介(岡山県立大)
  2. 抽象化に基づくUML設計検証支援ツールの開発
     横川智教,天嵜聡介,佐藤洋一郎,有本和民(岡山県立大),宮崎仁(川崎医療福祉大)
  3. 実証的ソフトウェア工学における産学連携
     松本健一(奈良先端大)
19:00 - 21:00 情報交換会
12月12日(木)

9:30 - 10:20 学生セッション
  1. オープンソースソフトウェアにおけるバグ混入コミットのトピック分析
     椋代凛,水野修(京都工繊大)
  2. 効率的なコードレビュー計画に関する考察 --- 0-1 計画問題としての定式化とフィルタリング ---
     井上慎也,阿萬裕久(愛媛大)
10:30 - 11:45 一般セッション
  1. テストの履歴データを利用したテスト項目選択手法
     小笠原秀人(東芝)
  2. 文部科学省「ソフトウェアイノベーション先導のための研究教育プログラムの開発」実施報告
     毛利幸雄(阪大)
  3. ソフトウェア保守開発におけるソフトウェアツールの利用について
     石川雅彦(ソフトウェア・メインテナンス研究会Bグループ)
11:45-12:00 クロージング




TOP